好評を頂いています電力削減の試算を行います。

今回はオフィスや店舗を想定し、コンパクト形蛍光灯3灯式10台をLEDランプに交換した場合を想定しました。

〇従来の蛍光灯に取り付ける場合は安定器も通さず直接LEDランプに電源を供給する配線変更工事を行ってください。
〇上記計算ではデマンドは考慮せず実質の電力消費を計算しています。これにデマンド(基本料金を加えれば3〜5割増しの削減も可能です。
〇今後電力料金が値上がりすればこの差額は大きくなります。

【試算条件】

【試算の基準設定価格】

年間の電気代差額計算
  
 149,095円−72,532円=76,563円

【年間のCO2削減量計算】

  電力使用量  CO2排出量
蛍光灯  6482kw  3598s
LEDランプ  3154kw  1750s
年間の差額  3329kw  1847s
【従来蛍光灯とLEDランプの経費差額計算】
【試算結果】

◎一般蛍光灯は球の消費電力+安定器の消費電力が加算されて器具全体の消費電力となります。
◎下記計算では一般蛍光灯の寿命を2年とし、LEDも約7年として7年間の経費を比較計算しました。

※上記数値金額はあくまでも概算推定値であり保障するものではありません。
 目安として頂き、お客様それぞれの状況にあてはめてご検討ください。